EDを治す勃起薬@日本人に合うザイデナ

ED治療にはザイデナが一番

 

第4の勃起薬として注目されているザイデナですが、なぜ人気があるのかご存知でしょうか?
第4ということは第1や第2、第3があります。

 

第1の勃起薬は有名なバイアグラです。これはファイザー製薬という会社が製造開発しました。今ではもう、ジェネリック伯も開発されて同じ成分で穴柄手ごろな価格の商品が数多く販売されています。

 

第2の勃起薬といえばレビトラです。この勃起薬が注目される時間は短かったのですが、改良された点としてはその継続時間などが主でした。

 

第3の勃起薬はシアリスです。この薬から大きくその効果に進歩が出ました。まずは、今までの勃起薬の問題点であった、服用前後に飲食をすると、薬の効果が半減するという欠点がありましたが、このシアリスではその欠点を克服しました。
さらに、その効果の継続時間も大幅にアップして、服用後最大48時間も効果が継続すりのです。金曜日の夜に飲んで、日曜日の夜まで効果があるということから、別名ウィークエンドバイアグラとも呼ばれています。

 

そして第4の勃起薬として注目されているのがザイデナです。特徴としては初めてのアジア人向けの勃起薬ということです。今までの勃起薬は、開発製造が欧米諸国だったこともあり、その対象は欧米諸国の男性でした。

 

欧米諸国とアジアではその体格に大きく差があります。なので、日本人がバイアグラを服用するときには半分に割って服用したりして、薬の句化が効きすぎないように注意する必要がありました。しかしこのザイデナはアジア人の体質に合わせて開発製造されているので、そのような心配はないのです。なので日本人男性に一番合った勃起薬とも言えます。

 

しかも効果継続時間はシアリスには劣るものの服用後、約24時間は持続し、しかもシアリス同様食事の影響を受けません。

 

まさにいいとこどりの勃起薬なのです。

 

EDの原因

 

多くの男性がEDで悩んでいます。その性質上、周りに相談しにくいということもあり、患ってしまうと、ほとんどの方がもう諦めてしまうことが多いのです。

 

そのような背景もあり今では約1000万人もの男性がEDを患っているとされています。

 

EDの原因としては、生活習慣に大きく左右されることが多く、ストレスなどからも発症することもあります。

 

ストレス社会と呼ばれる現代に、その予防策はないのかもしれません。

 

EDの直接の原因としては、血液がきちんと流れ込まないことなのですが、これは自律神経が支配しているために、自身ではコントロールすることはできないのです。

 

ただ、治療すると治ることは確かなのです、多くの人は病院の門をたたかないので、患者数的にはとても多くなっていますが、簡単な投薬治療だけでEDは治るのです。

 

病院に行くのが恥ずかしい方は、勃起薬だけでも一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

副作用が心配

 

日本でもバイアグラが出回った時には多くの男性が関心を持ち、使用しました。悲しいことに中には、服用のルールを守らずに使用したケースもあり死亡するという事件も発生したほどです。

 

世界中でもバイアグラを服用して死亡したというケースは数多く報告されていますが、この原因は主に服用量のルールを守らなかったということに他ならないのです。

 

しかし、薬を飲んで死亡するというショッキングなフレーズが独り歩きしてしまい、日本では世界に比べて勃起薬を服用する人はまだ少ないのです。

 

これは、日本のマスコミにも問題があります。日本のマスコミは売り上げ重視、注目されること重視なので、真実が曲げられて報道されたり、言葉足らずな報道がされることが多々あります。

 

この勃起薬の服用により死亡事故のケースにしても、死亡したということのみを報道して、その原因が服用量を守らなかったということがきちんと報道されていないのです。

 

そのため、マスコミの報道に過剰に反応している日本人は、世界に比べて、勃起薬の使用率が低く、ED患者割合が高いとされています。

 

海外ではシアリスなどをサプリメントのように、日々服用している人もいるほど安全な薬だという部分をもっと日本でも報道するべきだと思います。

 

肝心の副作用に関してですが、個人差がありますが、一過性のものが多いです。よくあるのが体のほてりです。体内の血流がよくなっているので、走った後のような感覚になるようです。あとは目の充血です。これも毛細血管の血流がよくなることから、充血しやすくなります。
その他には、青いカラコンを入れて言うような視界になるなどがあります。そのほかには勃起が継続し続けるということがあります。

 

これらの少女が4時間以上続く場合には、きちんと医師に相談しましょう。